施工事例BLOG

KABEYA WORKSでは「デザイントイレリフォーム」という毎日使う場所だから素敵でおしゃれなトイレ空間にしましょうという提案をしております。本日はクールでスタイリッシュなトイレ空間のリフォーム事例のご紹介。


こちらが施工前のトイレ空間。
トイレは手洗い付のタンク付トイレは不要という事。
おしゃれカッコイイ空間にしたいという事でトイレの交換と一緒に
壁・天井の壁紙の貼替と床のクッションフロアーの貼替を行いました。

新しいトイレはリクシルのプレアスLSというトイレ
タンク無しではありませんが極小のタンクが内蔵されているトイレです。


壁紙はリリカラという国産壁紙です。画像では分かり難いのですがブルーの無地柄です。


床のクッションフロアーは黒のタイル柄
全体的にクールで引き締まった空間になりそうな感じです。
その完成は・・・


がらっと印象が変わりましたね!毎日使うトイレですから
気持ちよく使って頂けそうです!


おしゃれなトイレリフォームはKABEYA WORKSにご相談くださいね。
年内はリクシルのトイレを使う場合に限り無金利のリフォームローンを
ご紹介できます!

造形用の特殊なコンクリートを使って、様々なデザインを形にするモルタル造形。
今回は賃貸マンションの正面の壁にモルタル造形を施工したご紹介です。


オーナー様が新しく購入された賃貸マンション。
エントランスなど素敵な感じになっておりますが、建物正面の雰囲気が
物足りないという事で、モルタル造形をご検討頂きました。


南仏のイメージということで、窓に付ける鎧戸をモルタル造形で施工するといった
お打合せを重ねまして・・・

モルタル造形で外壁の壁面に施工した鎧戸


花壇のコンクリート塀もモルタル造形でレンガ&プラスター剥がれのイメージで

造形しました。


年数が経過して古びた感じのスペイン瓦もモルタル造形です。

こうなるとモルタル造形で造った物なのか見分けがつきませんね。


倉庫入口の上枠や2階窓下の下枠にレンガの造形も施工して完成です。
グリーンとの相性もいいですね。こんな素敵なマンションに住んでみたいです。

KABEYAでは、DIYで壁紙を貼るのはちょっと自信が無い、

プロの職人に壁紙を貼って貰いたいなどのご要望に対応する為、

「KABEYA WORKS」という工事部門があります。

今回、トイレを交換して内装も一新したいというご相談を受け

おトイレの交換と一緒に、壁・天井の壁紙の貼替と床の

クッションフロアーの貼替を致しました。

こちらがリフォームする前のおトイレです。


築40年のお住まいのトイレという事で全体的に古くなった感じです。


画像がぼけておりますがトイレのドアです。

折角、トイレ空間を素敵にしてもドアの古さが気になりました。

ドア本体を交換すると費用が掛かる為、ドアの内側に壁紙を貼り、

ドアノブも交換する事にしました。


今回、ご提案したのは3パターンのトイレイメージです。

・お庭の中にいる様なガーデントイレ

・北欧イメージのトイレ空間

・マリメッコ壁紙を使ったトイレ空間

明るく・元気が出るイメージにしたいというお客様のご希望で

マリメッコの壁紙を壁一面に使ったトイレ空間にする事にしました。


マリメッコ壁紙を使ったトイレ空間の完成です!

照明は、私が個人的も好きなアートワークスタジオのステンドグラスの

シェードのランプです。

交換したドアノブです。真鍮でエイジング仕上げのタイプを取付しました。

トイレは必ず毎日使う場所。だからこそお気に入りの空間にしたいですね。

KABEYAでは、定額制トイレリフォームパックがあります。

トイレ交換と内装・照明・ペーパーホルダー・タオル掛けなどの交換が

セットになって税込25万円です。基本的に11種類のインテリアイメージから

お好みの内装に仕上げていきます。

リクシルのトイレでリフォームする場合は、年内に限りお客様のリフォームローンの

金利が0円のキャンペーンもあります。ご興味ある方はご連絡くださいね!

Wall Deco Shop KABEYA

札幌市東区北32条東18丁目6-10

TEL 011-790-7272

営業時間 10時~17時 毎週水曜日・木曜日定休日です。

最近の新築やマンションでは、リビングに対面式のキッチンがある
リビングダイニングになっているのが多いですが、私達がリフォームで
関わるお家では、リビングと台所は別という間取りが多いです。

リビングとダイニングが別であることでの奥様の不満点としては
・調理中に家族とコミュニケーションが取れず孤独感を感じる
・小さいお子様がいらっしゃる場合は目が届きにくい。
・食器や料理などの持ち運びが大変
というご意見を良く聞きます。確かにリビングに対面式のキッチンが
あると、この様な問題点はクリアできると思いますが、その反面

・常に整理していないとリビング全体が雑然としてみえる

・魚など臭いのきつい料理をする場合に臭いがリビングに広がる場合がある。
・料理の音が気になる

という問題も出てきますので、メリット・デメリットを検討した上で
どの様な間取りにするか決める必要がありますね。

今回、リフォーム工事を施工させていただいた現場ですが、
台所が狭くて暗い、洗面室も狭くて洗濯物で天井が埋まってしまうというご不満もあり、
リビングに対面式キッチンを作る事になりました。
画像の奥の部分がダイニングテーブルとチェアーを置いて食事をしているスペース

だったのですが、この部分に対面キッチンを作ります。

ただし、リビングも広くはないのでキッチンを移設したら狭すぎないかという
課題もありました。

限られたスペースを有効に使える為にキッチンはL型キッチンにしました。
キッチンの背面側の壁には、収納棚を取付する予定なのですが日差しが入る様に
横長のFIX窓を天井したに取付して暗くならない様に配慮してます。

キッチンシンクの奥にニッチ収納を造作して調味料類や洗剤などを置くスペースを確保
しました。見せる部分と見えにくくする部分のバランスが大切ですね。

リビングにキッチンを取付する事で、もともとあった大きな窓を塞ぐ事になったので
採光を確保する為に、リビングの違う場所に新しい窓を新設しています。
FIXの窓を上下に4つ付けてオシャレな感じ。


ダイニングから広くなった洗面室に入る手前の両側に開き戸収納を作りました。
パントリーなどで使える収納を作り、出来るだけ家具を置かなくても良い収納を
考えております。


いきなりですが、こんな感じで完成しました!


食洗機は奥様こだわりのフロントオープンタイプの食洗機。
IHクッキングヒーターはもともとキッチンに付いていたIHを再利用しています。


換気扇の横のスペースはデットスペースになりそうだったスペースに収納を作りました。
棚板はスライド式なので炊飯器などを手前に引き出せる様になっています。

キッチン背面の収納部分です。キッチンの面材に合わせた収納。
壁付けの棚も取付位置をずらす事で、いい感じに魅せられています。

リビング部分です。キッチンを付けた事によりスペースとしては狭くなりましたが、

コンパクトにまとまりました。コンパクトにまとまったことで家族だんらんが
しやすくなった様です。


洗面室が広くなった事で、収納ケースを9段収納した家事台を設置する事ができました。
洗面室が広くなるのは奥様にとっては大切なことですね。

リフォームって奥様の夢を叶える事なんだと思えるような事例でした!

施工前の洗面化粧台の画像です。マンションの洗面化粧台ですが大きすぎて使いにくい
ミラーキャビネットを撤去して、壁面にモザイクタイルを貼りアンティーク調のミラーを
取付するという内容のリフォームを施工しました。


貼り付けしたタイルはADVANという建材屋さんで扱っているAGW-1520Bという
モザイクタイルです。アンティーク調のミラーはお客様がネットで購入された物を当社で取付をしました。

ミラーキャビネットを撤去して、モザイクタイルを貼っただけでも随分と印象が変わりました。最近はシャンプードレッサーの様な洗面化粧台より、「魅せる洗面台」としてオシャレな空間に
仕上げるお客様が多くなってきていますね。

何回かに分けてご紹介していた厚別区のマンションの
リフォーム工事。今回が最後のご紹介です。

今までは、リビングと和室のリフォームと水廻りのリフォームの事例を
ご紹介しましたが、今回は洋室2部屋と廊下の内装リフォームをご紹介。


玄関ドアを開けると一番最初に目に入るニッチ棚。
写真を飾ったり、植物を置いてディスプレイを楽しみたい所です。

このニッチ壁にスカンジナビアデザイナーズという輸入壁紙を貼りました。
ニッチ棚自体が飾りとして生かせるような感じです。


続いて、寝室です。リフォームする前は白い壁紙にカーペットの床でした。
リフォームする際のご希望は壁一面をアクセントクロスにして、カーペットの

足触りが好きなのでカーペットの貼替をしたいとのご希望でした。


壁紙は全て国産の壁紙を使っての貼替です。オリエンタルな雰囲気がでました。


大きな収納があったもう一つの洋室は、お子様のお部屋になります。
お子様はジャニーズの嵐の二宮君の大ファン。二宮君のテーマカラーである
黄色のドットを壁紙で提案して欲しいとのご要望でした。


そこで天井を一面すべて黄色のドット柄をはりました。


壁は白い壁紙に見えますが、実はゴールドのハートマークが柄として入っています。
甘すぎない女の子のテイストを意識してコーディネートしました。

今はリフォーム工事も終わり、お客様は新しい生活を始めています。
お客様の新しい生活のスタートのお手伝いが出来て良かったと思っています。

皆さまもリフォームのご相談がございましたら、お気軽にお問合せください。

前回、リビングの隣にある和室をリビングと一体化して、
床に無垢のフローリングを貼らせて頂いた厚別区のマンションの
リフォーム工事。その続きのご紹介です。

画像は施工前のリビングです。
こちらのリビングには収納スペースが欲しいということで、
ウォークインクローゼット収納を造作する事にしました
その完成が・・・

こちらの画像になります。レンガ柄の壁紙にした事で、
リビングの中にレンガ貼りの「小屋」がある様なイメージです。
小窓っぽいものも付けているのが可愛い感じですね。


水廻りはお風呂・キッチン・洗面台・トイレを全てリフォームしました。
特に、キッチンと浴室は「トクラス」というメーカーの設備機器で、
表面の仕上げの綺麗が特徴の商品です。

新品で見ているだけで、気持ちいいですね!

さて、次回はお部屋のリフォーム事例をご紹介します。
KABEYAらしい内装の仕上げとなっております。
施工事例のご紹介はまだまだあります。なるべく高頻度で更新する様に
頑張ります!


定期的に工事の進捗状況をお伝えしている
八軒マンションのリノベーション工事。ようやく大工さんによる
壁や床の下地工事が完了しました。


改めてリノベーション内容をお伝えしますと、
築40年の3DKの間取りのマンションを2LDKに間取り改修して、
ご夫婦のみ、もしくはご夫婦にお子様が1人のご家庭の方を対象とした
リノベーション工事を施工しています。


こちらは解体している最中の画像ですが、
予想以上にコンクリートの床の状態が悪く、
(お部屋ごとに段差があったり、押入れの床がへこんでいたり)
床の補修に時間がかかりましたが、なんとか下地完成までこぎつけました。


リビングから見た寝室方面です、リビングからの日差しが
寝室に入る様に大きな窓を取り付けます。


寝室のウォークインクローゼットからリビングを見た感じ。
こちらのマンションはリビングからの日当たりがとても良いのです。
暖房がまだないのですが(当たり前ですが)、それでも暖かいです。


今日から何をしているかと言うと、壁を塗装仕上げにする為の
下地処理を本日から施工しています。今回の職人はモルタル造形で
度々ご紹介している山田という職人が下地処理から塗装仕上げまで
施工します。


工事の進行を管理している私(矢野)も、お手伝いしております。
新規の建具類(内装ドアなど)を木目のウォルナット色にしているので
既存の木枠を同じ色で塗装したり・・・


格子状に組んだ木枠に塗装したりしています。
なんでもかんでも職人さんにお願いしてしまうとコストが上がる
要因になりますからDIYで出来る所はDIYでやるのも方法のひとつ。
やって見ると夢中になる物です。

壁は塗装仕上げと書きましたが、きちんと(?)輸入壁紙も
使用します。壁紙を貼るのはまだまだ先ですが楽しみですね!
また進行状況をご紹介します!

戸建て・マンションのリフォーム・リノベーションの
ご相談・お見積りを無料で対応致します。
お気軽にお問合せください。HPからのお問合せには
素敵な特典があります。お電話でのお問合せの際は
HPを見たとお伝えください!

札幌市厚別区にあるマンション。
お客様よりリフォームのご依頼を頂きまして工事しておりましたが、
先日完成しお引渡ししました。その施工事例のご紹介です。

リフォーム内容は、風呂・トイレ・洗面化粧台・キッチンの交換

和室をリビングと一体化する間取り改修。無垢のフローリング材での
床工事、壁・天井の壁紙の貼替がメインの内容でした。

本日は、その中で和室を改修した部分をご紹介します!

リフォームする前のリビング横にある和室です。
この和室をリビングと一体化する間取り改修を施工しました。
また、この和室の押入れを解体して、裏側にある台所とつなげて
対面キッチンに造作・床は無垢のフローリングを貼ります。

リフォーム完成後の画像です。
向かって右側のスペースはピアノを置くスペースです。
リビングで娘さんの演奏が聴けるなんて素敵ですね!

床は自然な風合いが人気の無垢フローリング。表面保護の為
オスモ塗料を塗っています。なんと塗装はお客様のDIYです!


マンションの床をフローリングにする場合、階下に住んでいるご入居者様に
音が響くのを予防する為、遮音性能のあるフローリングを貼る事が
決められています。

その為、今回は無垢材のフローリングとコンクリ―トの床の間に、
遮音材を入れています。遮音材付きのフローリング材というのもありますが、
お客様のイメージによってどちらを使用するか決まります。


和室の押入れだった部分です。孤立していたダイニングと
繋がりました!2枚引き戸を付けたのでキッチンの中を
見せたくない場合は隠す事ができます。
しかも引き戸に貼った壁紙は「黒板壁紙」!
チョークが書けて消せる壁紙で遊び心をだしています!

こちらの施工事例を随時更新していきます。お楽しみに!

KABEYA WORKSはリフォーム・リノベーション工事の
ご相談・お見積りを無料で対応しております。
お気軽にご相談ください。
KABEYA WORKS
札幌市東区北32条東18丁目6-10
店舗営業時間 10時~17時
お問合せ対応時間 9時~19時 水曜日定休
お問合せTEL 011-790-7272


琴似八軒にある築40年のマンションをリノベしています。
工事スタートから3週間目。大分下地が出来てきました。

玄関から入って一番奥の和室の施工前の画像です。


反対側にある和室の押入れスペースも活用して、
ウォークインクローゼット付きの寝室にする予定です。




こんなイメージです。窓側にウォークインクローゼットを配置しているのは、
この和室の日当たりがあまり良くないので、リビング側の壁に窓を付けて
リビングからの日差しを取り込む為という理由です。


このような感じでリビング側からの日差しが入る様になりました。


ちなみにリビング側から見るとこんな感じです。
これから窓の取付が予定されています。


寝室のウォークインクローゼットは、中棚と枕棚が付いている収納と・・


衣類が掛けられる様に、枕棚とその下にパイプを付けた収納にしました。


今日は大工さんの壁の下地工事と並行して、キッチンパネルと換気扇が
取付られます。キッチンパネルはタカラスタンダードのホーロー製
キッチンパネル。
丈夫でキズが付きにくくマグネットもくっ付くのでおすすめのパネルです。


大工による下地工事も今週一杯。
来週からは仕上げに入ります。また進行具合をご紹介致します!

マンション・戸建て住宅のリノベーション・リフォーム
ご相談ください。プラン・お見積りは無料です。
KABEYA WORKS
札幌市東区北32条東18丁目6-10
店舗営業時間 10時~17時
お問合せ対応時間 9時~19時 水曜日定休
お問合せTEL 011-790-7272
mail: kabeya-works@reform-kobo.jp

ホームページからのお問合せで特典があります。
下記をご覧ください。

札幌のマンションリフォーム工事が始まりました。

昨年の地下歩行空間のイベントで出会ったお客様。
中央区のマンションにお住まいの方ですが、洋室の内装を変えたいとの
ことでご相談を頂き、昨日からリフォーム工事が始まりました。


図面の洋室2部屋の内装工事です。
壁・天井は壁紙を貼り替え・床はカーペットなのですが、

フローリングに変更する内容です。

さらに洗面室の壁・天井・床も模様替え
インテリアのイメージは「モロッコインテリア」です。

さらに、台所からウォークインクローゼットを通じて、
洋室に行ける様にしたいということで、画像の○で囲っている部分を
撤去します。

画像の奥の壁を撤去するのです。

昨日から工事が始まりまして、まずはここの部分から始めました。

はい。この様にR形状の開口が出来上がりました。マンションなので軽量の鉄骨の

柱が入っていましたが撤去移設したうえで、薄ベニヤでR形状を作りました。
仕上げは壁紙を巻き込んでの仕上げになる予定です。


施工する前の洋室2部屋です。

床のイメージはリクシルのラシッサDフロアーというフローリングです。
壁紙はモロッコインテリアになる柄をセレクト中です。

洗面室も壁・天井・床を貼替しますが、洗面台の鏡を撤去して
モザイクタイルを貼り、ロート枠の素敵な鏡が付く予定です。


とても素敵な仕上がりになる予感!工事進捗情報をまたご紹介します。
リフォームのご相談・お見積り無料ですのでお気軽に
ご連絡ください。
KABEYA WORKS
札幌市東区北32条東18丁目6-10
TEL 011-790-7272
お問合せ受付時間 9時~19時
店舗営業時間 10時~17時 水曜日定休

先週からスタートしました築40年の八軒のマンションの
リノベーション。今日でちょうど1週間が経過しました。


3DKの間取りを2LDKに変更して、水廻り設備も一新するプランです。


完成の手書きイメージです。
ダイニング横の和室とダイニングを一体化してリビングダイニングにします。

玄関奥の和室も洋室にしてウォークインクローゼットを設置します。
玄関から入って狭い印象を無くする為に、玄関横の壁は格子壁する予定です。


画像の○で囲ってある部分の収納棚スペースですが、図面で見ると
壁で囲まれていて隠ぺいされたスペースになっているのを収納スペースとして

使おうと考えていました。


「ここの空間」という部分です。ここが解体前では本当にこの様な空間が
あるのか、何か隠されているのか壊してみないと分からない部分でした。


解体前の画像です。□で囲ってある部分に
空間が隠されているはずなのです。


解体後の状況です。
空間が隠されていました。収納スペースとして活用できそうで
一安心です。解体してみたら実はこうだったという事でプランを修正する必要も
工事ではありますが、目的はしっかり果たしたいですね。

工事は着々と進行しています。また工事状況をお知らせします!


お問合TEL 011-790-7272